2020年11月06日

【ブラウザ/Win】リベリオン・ヒーローズ【水温25℃】★

capture00002586.jpg

【 リベリオン・ヒーローズ 】

ヒーローごっこに胸を焦がす少年少女たち!
悪役(あくまでも役)と善役(あくまでも役)が、知恵と武力を駆使してバッジを奪い合うゲーム!

ほのかとヤマトもそんなヒーローごっこに夢中になっているけれど、最近ヤマトがほのかに何か言いたそうにすることがあって…

色々な意味で熱い恋愛ノベルAVG。
EDは三種類、コンプリートまで2時間ほどです。


こちらから無料プレイ可能です(ノベルゲームコレクションへ飛びます)
スマホを含むブラウザのほか、WindowsでDLプレイも可能です。

世界一のゲームコンテストに参加しよう!!
たくさんの面白いゲームと豪華景品が、君を待っている!!



ヒーローごっこ…それは善役と悪役に分かれ、知恵と武力でバッジを奪い合うゲーム。
過去に空手をやっていたほのかは、不良に絡まれているところを助けられたのをきっかけにして、桐生ヤマトに誘われ、ヒーローごっこを始める。

ヤマトは犬の、しかも柴犬の半人で、過去に柴犬を飼っていて柴犬が大好きなほのかは、変身するヤマトの姿がたまらない。
だけどそんなほのかに対し、ヤマトは思うところがあるようで…?



ゲームとしては一応ファンタジー的な世界観のようなのですが(ドラゴンがいたり魔法があったりするようなテキストがある)、登場するのは獣人という要素だけです。
魔法は、ヒーローごっこには一部のみ使用可能らしいです。
基本的にはステゴロの殴り合いの世界(ただし喧嘩じゃなく試合のようなもの)と思っていただければ。

capture00002593.jpg
もうすぐ、善役と悪役のゲーム結果の中間発表があるという頃。
ほのかとヤマトは積極的に街に出ます。
喧嘩は楽しくないけれど、ヤマトとするヒーローごっこは、ほのかは心から楽しんでいました。
たいせつなものを同時に失い、なにも楽しくない日々からすくい出してくれたのは、そう、ヒーローごっこだったから。

capture00002600.jpg
とはいえノベルゲームなので、アクションシーンなどはなく、戦闘は省略されますw
こちらが犬になったヤマト。ほのかはお目目キラキラで見つめます。モフモフしたーい!
ゲームは勝利したほうが敗者のバッジをもらって、多く集めたチーム(善役/悪役)が勝利というルール。
ちなみに負けてバッジを失った側は、ロスト中のバッジを身に着け、敵チームからバッジを奪い返す、ということになっています。

capture00002622.jpg
ちなみにエンディングは人寄りのヤマトとのルート、犬寄りのヤマトとのルート、どちらでもないルート(兄ルート)、の3つになっています。
攻略のヒントは、選択肢で犬のヤマト顔が出るものばかり選んでいたら犬ルートへ向かう、人のヤマトの顔が出るものばかり選んでいたら人ルートに向かう、ごちゃまぜだと兄ルートに向かう、です。
恋愛ゲームなので、恋愛ルートが正規ルートなのだと思いますが、兄ルートも結構好きw 兄妹仲が良くてほほえましいんですよ。

UIも凝っており遊びやすく、またキャラクターが瞬きしたり、表情もくるくる変化して、飽きさせない作りになっているゲームだと感じました。
全体的にクオリティの高いゲームになっています。
CGは18枚+差分ですが、こちらもクオリティ高めで、微笑ましいCGばかり。

ただちょっと、ヒーローごっこの戦闘シーンが省略されてしまうため、テンポはいいのですが、具体的にどういうゲームなのかがわかりづらかった気がします。
ちょっと残念なところですね。一回くらいは戦ってるシーンがあればよかったなーと思いました。

フリーのノベルゲームとしては少しプレイ時間は長めかもしれませんが、このクオリティ、遊んで損はない作品です。
ヤマトくんモフりたいよヤマトくん。


こちらから無料プレイ可能です(ノベルゲームコレクションへ飛びます)
スマホを含むブラウザのほか、WindowsでDLプレイも可能です。

世界一のゲームコンテストに参加しよう!!
たくさんの面白いゲームと豪華景品が、君を待っている!!

↓クリックするとモチベが上がるので更新頻度とか取り扱いタイトルが増えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事へのコメント
コメントを書く
*申し訳ありませんが、執拗なスパムに対抗するため、コメントに「http://...」及び「https://...」から始まるURLを投稿するのを禁止する設定になっております。最初の「h」を抜くなどして対応していただけるとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188046309

この記事へのトラックバック