2020年01月15日

【Win】魔物娘との性活〜アルラウネの場合〜【Vanadis】

Ws00014102.jpg

【 魔物娘との性活〜アルラウネの場合〜 】

人外えろげメーカー「Vanadis」の人外シリーズ2作目。
今回は、自分を「ととさま」と慕う、天然ボケなアルラウネの少女を育てることに…
途中の分岐で性格がちょっと変わり、見られるHシーンが変化します(基本的には甘やかすか厳しくするかですね)
プレイ時間は5〜6時間、CGコンプしようとするともう少しかかる感じです。

*この記事は18禁です。
高校生以下の方の閲覧を禁止します。

【魔物娘との性活〜アルラウネの場合〜】
発売/開発:Vanadis
ジャンル:異種姦AVG
対応ハード:WindowsVista以降程度
発売日:2010年04月16日
定価:2800円
レーティング:18禁



Ws00014147.jpg
恋人・アルンを病気で亡くした薬師の主人公。
ところが数年後のある日、恋人の墓から生首が生えているのを発見する。

Ws00014105.jpg
それは、死んだ女性の血を吸って生まれると言う、アルラウネの少女だった。
自分のもとになったアルンを「かかさま」、つまりその恋人であった主人公を「ととさま」と慕うその少女に、猛烈な父性を刺激された主人公は、その少女に「アルル」と名付け、自宅で育てることにする…



というわけでVanadisの人外ゲーム第二段です。
絵師さん、シナリオライターさんも続投しています。
小規模メーカーなため、予算の都合などで背景や音楽なども一部前作と同じものが使われています。
世界観は前作と同じ、人間と魔物がいがみ合っている世界となっています。
そんな中で、主人公はアルルを守り、可愛がり、時には叱り…と育てていくようなストーリー。
ただしアルルは魔物で、男性の精液が必要になるため、どうしてもHなことをしてしまうため、父親と言うにはちょっと情けないですが…。

Ws00014126.jpg
アルルはアルラウネなので植物の気持ちがわかり、薬師である主人公の調合の手助けをしてくれます。
ところがある日、トラブルが起きて主人公は仕事を失うのですが… ところがそれでも健気に、アルルと主人公はいざと言う時のために薬を作り続けます。
そして…やがて運命の日が訪れます。それはアルルが自分の命を投げ出す、それほどの事態でした。
そんな事態にアルルはどう判断するのか、そして主人公の行動とは…

Ws00014143.jpg
基本的にHシーンは女性上位、また淫語満載のプレイがメイン。
それと、精気を浴びることで快感を得るのか(そのあたりは不明ですが)、挿入したり触ったりしなくても女性側が絶頂に至る描写があります。
基本的にフェラチオシーンは、女性側が気持ちよくない(69の体位等なら別ですが)ためにあまり好まないのですが、こういった作品で、フェラチオでも女性側が快感を得るならば話は別で、いい表現で私はとても好きですね。
また、人外娘なので、花の蜜を垂らしてローションのように使ったり、蕾に挿入するようなプレイがありました。もちろんアルラウネなので植物のツタプレイもあります。うん、これぞ人外!!

Ws00014109.jpg
薬の調合に失敗したり効果が切れる時に爆発したりと、古典的ギャグがあるのがちょっと気になりましたが(それで一瞬にして体形が変わってしまうとか言うのもちょっと無理があるしw)全体的に見ればコミカルな調子で面白かったです。
結構淫語系のヌキゲーに当たると思いますし、アルルの喋りのイントネーションに独特のものを混ぜているため、Hシーンのセリフには人を選ぶ部分があるかもしれませんが、良質の魔物娘ゲームだと思います。
自分の肌に合うかどうかは、体験版で試してみてください。

ぜひ体験版を遊んで、そして購入してくださいね!
人外肌最高ー!!

ちなみに初回特典にはアルルが生えてくる(?)植物の種がついてきたそうですw




*画像はすべてVanadis「魔物娘との性活〜アルラウネの場合〜」より

↓クリックするとモチベが上がるので更新頻度とか取り扱いタイトルが増えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ry at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows(2001〜)
この記事へのコメント
コメントを書く
*申し訳ありませんが、執拗なスパムに対抗するため、コメントに「http://...」及び「https://...」から始まるURLを投稿するのを禁止する設定になっております。最初の「h」を抜くなどして対応していただけるとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187022517

この記事へのトラックバック