2018年12月29日

【PC】Home coming【フロシキラボ】★

Image116.png

【 Home coming 】

酷い状態で病院に運ばれた主人公、だが「病院」の献身的な看護により、無事退院できる運びになったが…
モノクロームの世界でつづられる、不思議で、どこか不気味な物語。
プレイ時間は1週15分、ルートは2つ、また、EDも2つです。両のEDを見るためには30分程度でしょうか。


*ゲーム画面が大きいので少し縮小して掲載しています


こちらから無料プレイ可能です(ノベルゲームコレクションへ飛びます)
ブラウザのほか、Windows/MacintoshでDLプレイも可能です(スマホでのプレイも出来ますが、非推奨になっています)


その状態は吐き気を催すほどのひどいケガでこの「病院」へと運ばれてきた主人公。
ですが、やっと、退院の運びになります。
病院の前には、家へと向かうタクシーやバスが用意されて、至れり尽くせりではありますが、主人公は、駅へと歩くことを選びました。
そして、心配だから、と、世話になった看護婦さんが一緒についてきてくれて…



Image126.png

モノクロームの不思議な世界を、看護婦さんとともに歩くというAVG。
治療やリハビリで献身的に世話をしてくれただけではなく、主人公を駅まで送ってくれるという。

病室の引き出しに入っていた、失われた自身の日記が記された、忌まわしい日記帳を手に、主人公は駅まで歩くことにしますが…


Image128.png
様々な風景の中を、看護婦さんと歩いて行きます。
会話したり、周囲を調べたり…。
病院の患者ナンバーの書かれたカード、墓、自動販売機、そしてはがき…。
様々なものを見て、見つけながら、駅を目指しましょう。


Image127.png
日記を破ることでセーブになり、そして破った日記のページによって、通るルートやエンディングが分岐する、という独特のルールです。
ただしゲームを「初めから」を選んでも、破られた日記帳がそのままなのは…下手したら両方のエンディングとか、見れないルートとかが生まれてしまいそう。


貴方はどうしてこの病院に入院していたのか。
なぜ記憶を持たないのか。
この日記帳は何なのか…。

この作品も十分ゲームとして完成していますが、今後、有償版も発売される予定だそうです。
このバージョンで解けなかった謎が、もしかしたら解けるかもしれませんね。


不思議な街の中を看護婦さんと歩く、不思議な空気を味わえるゲームでした。
有償版も欲しいな、買おうと思います。発売が楽しみです。


*こちらはティラノゲームフェス2018参加作品です。
このティラノゲームフェスでは、応募されたゲームを遊んで感想を送るだけで豪華賞品が当たる、オンラインゲームイベント。
ゲーム制作者側も、ゲームプレイ側も、ともに盛り上がることのできるイベントとなっています。
ティラノゲームフェスは現在開催中! みんなで盛り上げよう!!


↓クリックするとモチベが上がるので更新頻度とか取り扱いタイトルが増えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ry at 12:00 | Comment(0) | インディーズ(フリー)
この記事へのコメント
コメントを書く
*申し訳ありませんが、執拗なスパムに対抗するため、コメントに「http://...」及び「https://...」から始まるURLを投稿するのを禁止する設定になっております。最初の「h」を抜くなどして対応していただけるとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]