2020年12月07日

【ブラウザ/Win】還る【蒼猫】★

capture00008823.jpg

【 還る 】

どことも知れぬくらいくらい闇の中。
先へ先へと歩き続け、家へと帰ろうとする男の物語。

10分ほどで読了。
分岐なしの短編です。


こちらから無料プレイ可能です(ノベルゲームコレクションへ飛びます)
スマホを含むブラウザのほか、WindowsでDLプレイも可能です。

世界一のゲームコンテストに参加しよう!!
500を超えるゲームと豪華景品が、君を待っている!!

続きを読む

【ブラウザ/Win】箱の中のユメ【千両むつ】★

capture00008809.jpg

【 箱の中のユメ 】

目が覚めたら枕元に置いてあった「箱」。
付属の手紙によれば、これは願いが叶う箱だと言うが…?

読了まで20分程度。
創作者には「刺さる」物語だと思います。

こちらから無料プレイ可能です(ノベルゲームコレクションへ飛びます)
スマホを含むブラウザのほか、WindowsでDLプレイも可能です。

世界一のゲームコンテストに参加しよう!!
500を超えるゲームと豪華景品が、君を待っている!!

続きを読む

【書籍】ぷよぷよゲームブック@ 〜ルベルクラクのなぞをとけの巻〜【双葉社】

IMG_20201206_093422.jpg

【 ぷよぷよゲームブック@ 〜ルベルクラクのなぞをとけの巻〜 】

漫画で描かれたゲームブックシリーズ第一巻「ルベルクラクのなぞをとけ」を紹介します。

正確な発売日はわかりませんが、1996年8月9日発行。
一冊目から@とついているので、最初からシリーズ化が予定されていたと思われます。
最終的には、全4冊刊行されました。

作者は甲谷勝氏、作画は牧原ひさと氏。牧原氏はアンソロジーなどでも活躍していたため、なじみがある方も多いかと思います。
魔導物語の流れも汲んでおり、ディープなファンでも楽しめるかも。

ぷよぷよゲームブックは、双葉社のコミックゲームブックシリーズから、全4冊刊行された書籍です。
内容は、通常の選択肢の他、迷路やミニゲームなど、バラエティに富んでいます。
一応、小学校低学年向けというレーディングになっており、実際、子供でも楽しめる作りです。

続きを読む
タグ:1996年
posted by ry at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ・関連書籍